So-net無料ブログ作成
検索選択

ガラケーの存在意義についての考察と根強い人気

  最近では職場でも友人、知人の間でもめっきりガラケーは減りほとんどの人がiphoneかスマホに切り替えている。各社のiphoneやスマホに切り替えましょうというキャンペーンの案内もひっきりなしに届く。それでも私はガラケーを使い続けている。
友や職場の同僚や上司に「まだガラケーかよ」と、侮蔑の混ざった失笑を浴びても、尚、私はガラケーを使い続けている。
私がスマホやiphoneに切り替えず、ガラケーを使い続ける理由。
まず、お金がもったいない。ガラケーの現行の月々の料金プランをスマホやiphoneに切り替えると、最低に見積もっても、現在の4倍の料金が月々発生することになる。
アホらしいと思う。
ネットはパソコンで常時できる環境が家にも職場にもあるので、必要最低限のネットでやらなければならないことはパソコンででき、不便は感じない。
それに常時ネットに縛られるネット依存にはなりたくない。
次に、通話に限っていえばガラケーの方がiphoneやスマホより使いやすい。通話が長くなっても、バッテリーの持ちだってガラケーの方が遥かに優れている。
つまりパソコン代わりにネットを常時やる用途以外はまだまだガラケーの方が優れていると感じるのである。
最後に、流行と反対に行きたい天邪鬼の性格も大きいことは言うまでもない。違約金を全額負担?auを解約!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。